インテリアダイレクトショップでは家具全般(チェア・ソファ・テーブル)を始めおしゃれな小物の販売を行っております。 現在キャンペーン中です。 
HOME
サーチ
 
 
TOP 新商品 チェア ソファ テーブル 雑貨 Q&A ご質問 ご注文の前に
 
 
使用者レポート
メンテナンス・保証
修理
豆知識
コーディネイト
     アドバイス
私たちが
   おすすめします
TOP > メンテナンス・保証
 
 
 
    メンテナンス・保証について。
 
   


■メンテナンス
せっかくの家具ですから日常のメンテナンスをしっかりして大事に使いたいですよね。大切な家具を末永くお使いいただくために、こちらでは毎日できる家具のお手入れについてご紹介しています。ぜひご参考にして下さいね。

・木製の椅子
日常のお手入れは、柔らかい布で乾拭きして下さい。汚れのひどい時は、薄めた中性洗剤で湿らせた布で汚れを落とし、よく絞った布で洗剤分を拭き取り、次に乾いた柔らかい布できれいに拭き取って下さい。
(ご注意) 化学ぞうきんを長い間接触させたままにしておくと、変色や表面がはげたりすることがありますのでご注意下さい。 曲木の椅子は木ネジやボルト、ナットで組み立てられていますので、緩んだ際には締め直して下さい。

・金属の椅子
日常のお手入れは、柔らかい布で乾拭きして下さい。汚れのひどい時は、薄めた中性洗剤で湿らせた布で汚れを落とし、よく絞った布で洗剤分を拭き取り、次に乾いた柔らかい布できれいに拭き取って下さい。湿気がついたままにしたり、酸性のものが付着したままにするとサビの原因になります。クロームメッキ仕上げ、アルミ、ステンレスの汚れ、又は錆は金属磨きにより十分に拭き取り、乾いたあと、金属用ワックスをかけて磨いて下さい。
塗装仕上げの汚れは、中性洗剤で汚れを落とし、金属用ワックスにて磨きます。シンナーベンジン等は使用しないで下さい。


・籐製の椅子
籐は高温多湿をきらい、長い使用期間によりたるみがでてきます。また部分的に荷重を加えると破れる恐れがあります。普段のお手入れは、ブラッシングによりホコリを取り除き、汚れに対しては中性洗剤を薄めたもので拭き取り、乾いた布で水分を十分に拭き取って下さい。

・布製品
日常のお手入れは、ブラッシングや掃除機で織り目のホコリ等を取り除いて下さい。コーヒー、酒などで汚した場合は長時間放置しておくと変色したり、落ちにくくなったりしますので、3〜5%に薄めた中性洗剤液(又は石けん液)を柔らかい布に浸し、軽く絞って表面をたたくように拭き取ってください。このあと洗剤をよく布で拭き取り自然乾燥させて下さい。この場合、シミなどを防ぐため、汚れた部分だけでなく、周囲もまんべんなく拭いて下さい。シンナー等の染み抜き剤の使用は避けてください。

・合成皮革製品
日常のお手入れは、柔らかい乾いた布で軽く拭いて下さい。
汚れた時は、ぬるめの薄めた中性洗剤液(又は石けん液)で湿らせた柔らかい布でよく拭き取り、そのあと水で湿らせた布で洗剤液をよく拭き取って下さい。
(ご注意) ビニール製品等を長時間重ねておくと、変色の原因となることがありますのでご注意下さい。

・皮革製品
日常のお手入れは、柔らかい乾いた布で軽く拭いて下さい。年に2回位は市販のレザークリーンで磨いて十分乾燥させてから、ウール地等で拭いて下さい。汚れた場合は、薄めた中性洗剤液(又は石けん液)で湿らせた柔らかい布でよく拭き取り、そのあと水で湿らせた布で洗剤液(又は石けん液)をよく拭き取って下さい。
そのあと、乾いた布で磨いて下さい。この場合、シミなどを防ぐため、汚れた部分だけでなく、周囲もまんべんなく拭いて下さい。
(ご注意) 靴クリーム、溶剤(シンナー・ベンジン等)は使用しないで下さい。 整髪材も皮を傷めますので、丁寧に拭き取って下さい。ビニールなどを長時間重ねたままにしていると変色の原因になることがありますのでご注意下さい。

・木製天板
木製の天板には、堅く重い物や、底のざらついたもの、また熱したものは直接置かないで下さい。日常のお手入れは、乾拭きを行い、汚れの度合いに応じて、薄めた中性洗剤で拭き取り、専用ワックスをかけて下さい。

・メラミン化粧天板
日常のお手入れは、水拭き、又は化学ぞうきんを使用し、汚れはベンジンか中性洗剤を薄めたもので拭き取り、水で湿らせた布で洗剤液(又はベンジン)をよく拭き取って下さい。水拭き後は水分をよく拭き取って下さい。

・大理石
ストーンクラフト天板 大理石は吸水性があり、濡れたものや、汚れ、ホコリなどの放置からシミを作ることがあります。日常のお手入れは、柔らかい乾いた布でホコリを払い、専用ワックスで磨いて下さい。

・ガラス天板
卓上には堅く重いもの、鋭利なものはなるべく置かないようにして下さい。汚れはガラスクリーナーで拭き取った後、柔らかい布で乾拭きして下さい。

・天然木
弊社で取扱っている天然木の家具は木材本来の美しさを生かすためにオイル仕上げをしています。しっとりとした外観と自然素材の肌触りをいつまでも楽しめるのが魅力です。科学塗装の家具に比べ汚れやすいですが、何かをこぼしてしまってもオイルがはじいてくれるのですぐにふき取ればよごれがシミになることがはありません。末永くお使いいただくためにもこういった家具は6ヶ月〜1年に1度の定期的なメンテナンスをおすすめします。そこで専用の補修ワックスをご用意しております。お手入れを積み重ねていくたびに、より愛着のあるあなただけの家具になっていくのをお楽しみ頂けます。誰にでもできる簡単なお手入れですのでぜひご利用下さいませ。

※ ここでは一般的なお手入れ方法をご紹介させていただきましたが、汚れの程度や経過時間により、必ずしも納得いただける結果が得られない場合がございます。あらかじめご了承ください。

■取り扱い上の注意
製品をご使用になる際は、事前に添付されている取扱説明書・組立説明書をよくお読みの上、ご使用下さい。誤った取扱いによって存在や物的損害を負わない為、必ず次のことをお守り下さい。

椅子
・椅子の上に立ったり、踏み台にするなど、椅子以外の用途に使わないでください。
・椅子の前脚を浮かせるなど無理な体勢で座らないでください。
・椅子以外の背や肘部に超しをかけたり、座面の先端や逆向きに座らないでください。
・幼児をひとりで座らせないでください。
・可動部の隙間には手を入れないでください。
・不安定な状態で積み重ねないでください。
・ガラススプリングタイプの脚は分解注油を絶対にしないでください。

テーブル
・テーブルの上に立ったり、踏み台など、テーブルとしての用途以外に使わないでくださ い。
・天板の端に腰掛けたり、手をついて体重を預けると転倒し、ケガや破損の原因となりま す。
・天板の端に重い物をのせたり、極端な力をかけないでください。
・アジャスターを調整して水平に設置してください。ガタつきは破損の原因になります。・製品の移動時には引きずったり、押したりしないで必ず天板と脚の両方を持ち上げて運 んでください。接合部が破損する場合があります。
・脚部組立品の場合、天板と脚部の固定は確実に行ってください。

全商品
・床面の平らな場所で使用し、滑りやすい床面では使用しないでください。
・製品に貼ってある表示シールは絶対に剥がさないでください。
・ボルトやネジの緩みは定期的に点検して締め直し、緩んだままで使用しないで下さい。・異常を発見したままでの使用は危険ですので即、使用を中止してください。


商品の保証期間(ご購入された火から1年間))
・製品の取扱い方法及びご使用の頻度により、その寿命が異なります。通常のご使用方法において当社出荷後に明らかに製造上のミスが原因として発生したと思われるクレーム においては、1年以内であれば無償修理致します。
・1年以上経過されたものについては有償修理とさせていただきます。
・運送途中に破損が生じた場合は一週間以内にご連絡下さい。無償修理の対象とさせて ただきます。
・製品の使用目的以外でのご使用、改造などによる破損および事故につきましては、当社では一切の負担を負いませんのでご了承下さい。




   
   
  このサイトはホームページ制作とCMS導入・構築のプライム・ストラテジーが運営しています